1.1 UL Standardsの特許ポリシー - 以下に示したのは、すべてのUL規格(UL/ANSI規格など)に対するULの特許ポリシーです。

1.1.1 UL規格の特許の包含 - 技術的な理由でこのアプローチが正当であるとみなされる場合、本質的な特許請求(その使用がその規格への準拠を必要とするもの)の使用を含めた条件で提案されるUL規格を起案することに、原則的に反論するものではありません。

1.1.1.1 ULへの時宜を得た通知 - UL規格の開発プロセスへの参加者は、ULの注目に値すると思われる請求を含む特許を持参することが奨励されています。 UL規格の提案または承認を開始した提案書の作成者、STPメンバー、あるいは個人または組織が、提案または承認したUL規格に本質的な特許請求が含まれていると信じる場合、かかる作成者、STPメンバー、あるいは個人または組織はSTPおよびULに対して、本質的な特許請求の存在の可能性を通知するものとします。 ULは、提案または承認したUL規格がかかる特許請求の使用を必要としているという旨の通知を受け取った場合、本ポリシーの手順に従うものとします。 ULはかかる基本的な請求を調査する義務は負いません。 ULの唯一の義務は特許保持者から本ポリシーの第1.1.2項と調和した特許声明書を要求し、第1.1.4項に従って、以下の特許保持者からの保証の声明書を受け取ったことを規格に記すことです。

1.1.2 特許保持者からの声明書 - ULは、特許保持者または代理で保証を行う権限をもつ関係者から、書面または電子形式で次のいずれかを受け取るものとします。

  1. かかる当事者は本質的な特許請求を保持していないおよび現在は保持する意図はないという旨の一般的な免責事項、または
  2. かかる必須特許権の使用許可を、規格の準拠を目的として使用を求める希望者に対して付与することの陳述。ただし、
    • 報酬なしで明らかに不公平な差別のない合理性のある条件の下で、または
    • 明示的に非差別的で、合理的な条件に基づくこととする。

かかる保証では特許保持者(または代理で保証を行う権限をもつ第三者)が、保証の対象となる特許の所有権を移転する文書、ならびに保証内の誓約が財産被移転者の拘束力を有することを保証するのに十分な規定を含めることを記載するものとします。 また財産被移転者が同様に、将来移転を行う場合、各権利承継者を拘束する目的の適切な規定を含めることを記載するものとします。

また、関連する移転文書への記載の有無に拘わらず、保証は権利承継者を拘束する目的をもつことも記載されます。

1.1.3 声明書の記録 - 特許保持者の声明書の記録はUL(UL/ANSI規格に関してはANSI)でファイリングして、保持するものとします。

1.1.4 通知 - ULが特許保持者から1.1.2 (2)で規定された保証を受け取るか否かに拘わらず、規格には次のような重要な注記を含めるものとします。

注記 - この規格への準拠には特許権の対象となる発明の使用を必要とする場合があることに注意してください。

この規格を出版しても、この請求またはこのような請求、あるいはそれに付随する特許権について、正当性を支持する立場は取りません。 特定の特許保持者が合理性のある非差別的な条件で、これらの権利のライセンスを付与する意思を示す声明を提出している場合、詳細はULから取得することができます。

1.1.5 特許の識別の責任 - ULあるいはANSIのいずれも、ULまたはUL/ANSI規格でライセンスが要求されるすべての特許を識別し、対象となる特許の法的な正当性または対象範囲に対する問い合わせを遂行する責任をもちません。

UL特許ポリシーに関する質問は、オペレーションズマネージャーのラーンディ・マイヤーズ( (Randi.K.Myers@ul.com)に問い合わせてください。

PatentPolicy_V2_2017