UL Environmentによる持続可能性のための規格

UL Environmentは、建材やコンシューマー向け製品、また機関向けなど、広範囲を対象とする、環境および持続可能性に関する規格を開発しています。持続可能性に関する規格は、規格開発において共同プロセスによる全体的アプローチを用いることで作成されます。規格技術パネル(STP)が、ULの持続可能性に関する規格の開発およびレビューを支援しています。STPは、製品の製造、販売、および使用において影響を受ける利害関係者の代表からなるバランスのとれたグループです。詳細については、UL Environmentを参照してください。