新規規格および改訂された規格: 時期および理由

進化し続ける技術、および安全性と持続可能性の課題への対処法の進歩によって、新しい規格または既存の規格の改訂が必要となることは明らかです。ULの規格開発プロセスでは、できる限り既存の規格に新規の要件を組み入れることが求められます。また要件のスタンドアロンセットが必要な場合には新規の規格が開発されることもあります。

持続メンテナンス

米国の自主規格および適合性評価システムの調整および管理を行っている民間非営利団体である米国規格協会(ANSI)は、米国標準規格(ANS)のメンテナンスのために定期メンテナンスと持続メンテナンスの2つのオプションを用意しています。持続メンテナンス方法は、ULのANSI規格管理におけるデフォルトのプロセスとなっています。